社会のさまざまな場所に多数設置されている監視・防犯用途のカメラは、安全・安心な生活に欠くことのできないインフラとなりつつあります。そこで日立は、道路や公園、駐車場など、屋外の暗い場所でも被写体の色認識性を向上させたネットワークカメラを新開発。また、高度な画像解析技術との連携で、幅広い用途で新たな可能性をきりひらきます。

暗い場所でも被写体の色を映し出す新技術

警察庁が2000年に制定、2014年8月に改定した「安全・安心まちづくり推進要綱」において、安全・安心なまちづくりの推進に係る資機材として防犯カメラが追加されたことにより、映像監視システムの導入が進んでいます。需要が高まる高機能なネットワークカメラでは、高画質・長時間の記録に加えて、建物の出入り口や駐車場などの屋外、明かりのない屋内など、さまざまな環境下でも高い視認性を確保することが求められています。

しかし、従来のネットワークカメラは、可視光によるカラー映像のみでは光が当たらない暗い場所を撮影できず、赤外線の白黒映像のみでは色情報を判別できないことから、双方のデメリットを補う新技術が求められていました。

日立が開発したネットワークカメラ「DI-CB322LEW」は、可視光によるカラー映像と、赤外線による白黒映像を同時に表示できるColor-IR技術(※1)を搭載し、暗い場所(※2)での視認性を大きく改善。部分的にしか光の当たらない暗い場所においても、色情報を保持することが可能となりました。

※1 可視光の色情報と赤外線の輝度情報を同時に撮影する技術のこと。IRはInfrared Ray(赤外線)の略語
※2 夜間、街灯などの光源があり、人の目で対象物の色情報を認識できる程度の明るさがある場所

ネットワークカメラ「DI-CB322LEW」の特長

■「Color-IR技術」で、暗い場所でも全体状況をしっかり把握

可視光が当たる部分は色情報を残したまま映像を生成し、可視光が当たらない部分は赤外線の輝度情報によって白黒の映像を生成するColor-IR技術を搭載。部分的にしか光の当たらない暗い場所でも、色情報を失わずに映像を撮影・表示できます(図1)。

■高い防じん・防水性能を実現

防じん・防水に対する保護等級 IP66(※3)に準拠し、街区、公園、駐車場、通学路、駅、道路・交差点など屋外での設置が可能。屋外に設置する際のハウジングも不要です。

※3 JIS規格(JIS C 0920:2003)では、IP66を次のように定義している
  防塵性:耐じん形(じんあいの侵入があってはならない)
  防水性:暴噴流に対して保護する(あらゆる方向からのノズルによる強力なジェット噴流水によっても有害な影響を及ぼしてはならない)

■超解像処理に対応した日立独自の高圧縮技術を搭載

高画質・長時間記録を実現するため、超解像処理(※4)に対応した高圧縮技術を搭載。FHD(1920×1080ピクセル)サイズの映像をD1(704×480ピクセル)サイズに縮小・圧縮するモードとHD(1280×720ピクセル)サイズに縮小・圧縮するモードから選べます。高圧縮技術によって高精細な映像をより少ない容量で伝送・記録し、超解像処理によって、高画質・長時間記録が可能になり
ます。

※4 伝送された画像よりも解像度の高い画像を生成する信号処理技術

画像: 図1 Color-IR技術の概要

図1 Color-IR技術の概要

画像解析技術と連携し、幅広い用途で活用可能

さまざまな環境下で色情報を保持できるネットワークカメラ「DI-CB322LEW」は、日立の高度な画像解析技術と連携することで、お客さまのビジネスに新たな可能性をきりひらきます。

例えば、店舗内の映像データを解析し、服やカバンの色などにより迷子や不審者の高速検索、特定の来店客が売り場をどう回り、どのような買い物行動をしたのかを把握するマーケティング分析、人の流れが滞る場所などを特定したレイアウト改善やリニューアルプランの策定などに活用できます(図2)。

このほかにも日立では、お客さまの持つさまざまなデータと合わせたビッグデータやAI(人工知能)を組み合わせた解析で、工場や物流、鉄道や空港などさまざまな場面に生かせるソリューションをワンストップで提案していきます。

画像: 図2 画像解析技術との連携例

図2 画像解析技術との連携例


お問い合わせ先
(株)日立製作所 産業・流通ビジネスユニット 産業ソリューション事業部
(株)日立産業制御ソリューションズ セキュリティ・画像ソリューション事業部

■ 情報提供サイト
  http://www.hitachi.co.jp/bouhan/


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.