経営判断の迅速化や“個客”に選ばれる製品・サービス提供を早期に実現するため、IoTやSNSなどから得られる情報をもとにしたビッグデータの利活用が重要となる時代が到来しています。

今後、ますます多様化するニーズに対応した価値の迅速な提供を図るには、データ統合から分析・活用までを短いサイクルで実現する基盤が必要です。日立はグローバルに豊富な実績を持つPentaho(ペンタホ)ソフトウェアにより、お客さまのサービス創造と、企業価値の最大化を支援していきます。

Pentahoソフトウェアでタイムリーな価値創造を実現

現在のビジネスは、量的拡大の追求から、多様化する“個客”への価値提供へと大きくシフトしています。皆が同じ価値観のもと、量を追求していた時代は終わり、競合とのさらなる差別化のため、「個」を重視したサービス提供が必須の時代となりました。

時代が求めるサービスをタイムリーに提供するためには、製品情報やお客さま情報といった、これまで企業内で管理していた「構造化データ」だけでなく、センサー、メール、SNSやWebログ、さらには画像や音声などの「非構造化データ」も合わせて分析・活用しなければなりません。こうしたIoTやSNSをはじめとする新しいデータを管理するために必要な仕組みとなるのが「データレイク(データの湖)」です。

データレイクは、時系列でクレンジングされた構造化データのみを蓄積していくDWH(データウェアハウス)とは異なり、多種多様なデータをそのままの形で蓄え、必要なときに柔軟に活用できる広大な“貯水池”といえます。さまざまな企業や組織に、お客さまニーズとビジネスをダイレクトにつなぐデジタルトランスフォーメーションが求められるなか、未知なる可能性を生み出すデータレイクの活用こそが、イノベーションの実現には欠かせません。

そのためには、データレイクのデータと企業内の既存データを柔軟に統合しながら、よりよい意思決定に役立つ隠れたパターン、未知なる相関関係などを短いサイクルで分析するためのアナリティクス・プラットフォームが重要です。

なかでも、多種多様なビッグデータの統合と、さまざまな観点からの分析を一貫して行えるプラットフォームとして、グローバルに高い評価を獲得しているのがPentahoソフトウェアです。Pentahoソフトウェアは、データを抽出・準備・ブレンド処理する「データ統合基盤」と、統合したデータを分析・可視化する「データ分析基盤」の二つの機能を兼ね備え、企業がビッグデータ利活用に必要とする機能をトータルに提供しています(図1)。

画像: 図1 Pentahoソフトウェアとは

図1 Pentahoソフトウェアとは

海外での豊富な実績を日本のお客さまにも提供

Pentahoソフトウェアを開発・提供しているビッグデータアナリティクス分野のリーディングカンパニーであるPentaho Corporation(以下、ペンタホ社)。その創始者のジェームズ・ディクソンは、データレイクの概念を提唱したことでも知られています。

2015年5月、日立の米国子会社である日立データシステムズは、ペンタホ社を買収しました。Pentahoソフトウェアは海外で1,500社以上の稼働実績があり、ビッグデータとアナリティクスを組み合わせることで、お客さまの企業価値の最大化を支援してきた豊富な実績があります。

今後、日立とペンタホ社は、これらの実績から得たノウハウと専門性を生かし、日本のお客さまに対しても幅広い価値を提供していきます。

Pentahoソフトウェアの特長

「IoTやSNSで収集するデータや既存データから新たなビジネス価値を生み出したい。しかし社内にはデータ統合や分析・可視化のスキルがない」—そのような課題に応え、企業内の多種多様なデータを統合し、さまざまな観点で分析できるプラットフォームがPentahoソフトウェアです。Pentahoソフトウェアにはビッグデータ統合のための接続部品が豊富にそろっており、これからセンサーデータなどの活用を行うお客さまも容易にデータ統合が可能となります。またデータ抽出・準備・ブレンド処理には、Hadoop/NoSQL連携をはじめとする高速・分散処理アーキテクチャを備えて、大規模データも短時間で処理できます(図2)。

一般的に、ビッグデータ利活用に向けた企業のデータ統合・分析の課題として考えられる事項について、課題を解決するため、Pentahoソフトウェアにはどのような機能・特長が備わっているのかについてご紹介します。

課題1 多様なデータを連携・統合できていない
 解決! ビッグデータを容易・高速に統合できます

いま企業の各部門は、種類も量も増え続けるデータを適切に管理しながら、新たな価値を引き出していくという困難な課題に直面しています。社内に散在する多種多様なデータはフォーマットがバラバラなため、活用したくても連携・統合することが非常に難しい状態でした。

Pentahoソフトウェアなら100種類以上の豊富なデータ入出力・加工部品で多様なデータソースにアクセスし、直観的なドラッグ&ドロップで必要なデータを簡単にブレンドしたり統合したりすることができます。視覚的に分かりやすいユーザーインタフェースで操作も容易。OSS(※1)コミュニティのHadoopやNoSQLといったビッグデータ関連技術とも連携する高速ETL(抽出・変換・ロード)機能の提供により、データ利活用に関わる作業時間を短縮し、データ統合の複雑さを軽減します。

※1 Open-source software

課題2 連携・統合したデータを活用できていない
 解決! データを可視化し、多角的な分析やレポート出力が可能に

スピーディーな価値創出が求められるIoT時代には、リアルタイムでの多角的な分析・見える化が不可欠です。

Pentahoソフトウェアならデータ項目のドラッグ&ドロップでOLAP(※2)分析の対象を指定できるうえ、ドリルダウンやスライス、ダイスといった分析軸の変更も容易です。また、データマイニングソフト「Weka」や統計解析向けプログラミング言語「R」(R言語)といったデータマイニングツールとの連携もサポートされており、ビッグデータから隠れたパターンや関係性を発見することにも役立ちます。

分析結果のレポートは、対話的に表示変更できるインタラクティブレポートと、Web画面からOLAP分析ができるアナリシスレポートの2種類を用意。さらにビジネス状況をすばやく把握できるダッシュボードでは、モニタリング情報や分析結果をドラッグ&ドロップで容易にレイアウトでき、リアルタイムで多角的な分析・可視化を実現します。

※2 OnLine Analytical Processing:オンライン分析処理

課題3 統合・分析の開発・運用に手間がかかる
 解決! 開発・運用の短サイクル化を実現します

データ分析から得られる新たな価値について、その仮説検証をスピーディーに行うためには、データの統合・分析を短サイクル化して開発・運用していくことが必要です。

Pentahoソフトウェアのデータ統合基盤は、使いやすいGUIにより収集から加工、出力といったデータの流れをプログラムレスで定義でき、データ統合の開発期間を短縮。データ処理のためにHadoopをプログラミングする際にも、Javaなら2人で1か月以上かかる工数が、Pentahoソフトウェアなら定義するだけでよいため、1人でわずか2日ほどで完了します。統合するデータの変化にいち早く追従する一貫した開発・運用環境で、新たな価値の仮説検証をスピーディーに行えます。

画像: 図2 プログラムレスでのデータ統合

図2 プログラムレスでのデータ統合

デジタルソリューションを加速させるPentahoソフトウェア

このようにPentahoソフトウェアは、データ統合とビジネスアナリティクスが密接に連携しているため、ビジネスを成功へと導く手法やアイデアをいち早く発見・検証することが可能となり、お客さま事業の成長スピードを格段に速めることができます。

日立は、幅広い価値創出の基盤となるIoTプラットフォーム「Lumada(ルマーダ)」において、アナリティクスを担うキーコンポーネントにPentahoソフトウェアを位置づけています。新たに開設された「Pentaho東京オフィス」を起点に、ビッグデータやIoT活用のためのデータ統合・分析をはじめお客さまのさまざまな経営課題を解決するデジタルソリューションの迅速な開発とお客さまの価値創出を積極的に支援していきます。

事例紹介
■FINRA: 米国証券市場の監視
米国証券業最大の金融規制機関であるFINRA(Financial Industry Regulatory Authority)は日々発生する約5TBもの取引データから不正を監視。Pentahoソフトウェアは多種・大量データの整備統合を効率化し、証券取引の不正防止に貢献しています。

■キャタピラー: 船舶の稼働効率を最適化
建設・鉱山用機械、ディーゼルエンジンなどの製造で世界をリードするキャタピラーは、Pentahoソフトウェアを活用し、海洋船舶部品のデータを収集、分析することで船舶の故障時期を予測し、不具合が起こる前にメンテナンスを行うことで、船舶の稼働効率を最適化しています。


お問い合わせ先
(株)日立製作所 社会イノベーション事業推進本部 Pentahoプロジェクト
http://www.hitachi.co.jp/products/it/bigdata/platform/pentaho/inquiry/

■ 情報提供サイト
  http://www.hitachi.co.jp/pentaho/


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.