ハイエンドディスクアレイの新製品
「Hitachi Virtual Storage Platform G1500」
「Hitachi Virtual Storage Platform F1500」

日立のハイエンドディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform G1500(バーチャル ストレージ プラットフォーム/以下、VSP G1500)」は、複数ストレージを束ねる仮想化、ボリューム容量・ストレージ階層の仮想化、2台のストレージを1台にみせる仮想化など、これまでに搭載されてきたさまざまな仮想化機能に加え、データ圧縮や重複排除などの容量削減機能を新たに追加。より効率的で低コストなデータ保管を可能とするハイエンドモデルを提供します。

また、高い可用性・信頼性はそのままに、フラッシュ向けに設計・最適化されたオールフラッシュアレイシステムが「Hitachi Virtual Storage Platform F1500(以下、VSP F1500)」です。より多くのオーダーを、より高速に処理し、データ蓄積から分析・活用までの時間を短縮。増え続けるデータへの高速かつ安定したアクセス性能により、お客さまビジネスの高付加価値化に貢献します。

VSP G1500/F1500の特長・機能

■ブロックレベルの「データ圧縮/重複排除」機能

新たに提供する「データ圧縮」機能では、ストレージコントローラがデータを圧縮することで、データ量を削減(※1)。「重複排除」機能では、同一データがストレージシステム内にある場合、そのうち一つだけを保存することによりデータ量を削減します。重複排除機能は「Hitachi Accelerated Flash DC2(アクセラレーテッド フラッシュ ディーシーツー/以下、HAF DC2)」が内蔵するハードウェアによるデータ圧縮機能と組み合わせて使うことも可能です。これによりストレージシステムのビットコストを削減し、お客さまのデータ利用効率を向上させます(図1)。

※1 米国特許第8,898,384号取得済

画像: 図1 データ圧縮、重複排除機能

図1 データ圧縮、重複排除機能

■仮想化ソフトとの連携でバックアップ運用を効率化するスナップショット機能

スナップショット機能と仮想化ソフトの親和性強化により、仮想化環境下で、管理者がストレージを意識せずに短時間で複製構成を作成できるようになりました。例えば、OpenStack環境では仮想マシンのシステムディスクを複製する場合、ストレージ機能でスナップショットを作成し、ボリュームの複製がスピーディーに行えます(図2)。

画像: 図2 スナップショット機能

図2 スナップショット機能

ソフトウェアでITインフラを効率的にコントロール

仮想環境が増加するなかで、システム管理者の作業負荷が増大しています。日立はこの課題に対応するSDI(※2)の実現に向け、サーバ、ストレージといったハードウェア層を抽象化し、ITインフラの運用管理を効率的にコントロールするクラウドインフラ管理ソフトウェアを提供します。

※2 Software Defined Infrastructure

■運用管理を自動化する「Hitachi Automation Director(オートメーション ダイレクター)」

Hitachi Automation Director(以下、HAD)は、自動実行したい作業(サービス)をHADの画面上で選んで実行するだけで自動化を実現できる製品です。必要容量やバックアップ先の指定など最小限の要件を入力するとストレージ内の負荷状況を考慮し、最適なボリュームを自動でサーバに割り当て、VMware®やOracleなどのアプリケーションとの接続設定なども自動で実行します。HADの導入により、例えばストレージ間のバックアップ環境の構築にかかる操作数を約90%削減(※3)できます。

HADの画面でサービスを選択することにより作業を自動実行できるほか、運用管理におけるナレッジを共有・蓄積できるため、人為的ミスをなくし属人化の解消にも役立ちます。

※3 日立内環境にてHAD導入前と比較・検証

■迅速な障害対応を可能にする「Hitachi Infrastructure Analytics Advisor(インフラストラクチャー アナリティクス アドバイザー)」

Hitachi Infrastructure Analytics Advisor(HIAA)は、クラウドインフラ全体の性能を監視し、性能問題発生時の迅速対処に向けた分析機能を提供する製品です。仮想マシン、サーバ、FCスイッチ、ストレージを一つの画面で表示し、構成や関連を直感的に把握することが可能です。システム変更履歴や負荷傾向も管理し、通常の傾向と異なる負荷検出時や性能問題の発生時には相関分析により、迅速に性能ボトルネックおよびボトルネックを引き起こしている根本原因の特定を支援します。ストレージについても、ボリューム単位でのきめ細かい性能の監視・分析が可能です。


お問い合わせ先
(株)日立製作所 ITプロダクツ統括本部
http://www.hitachi.co.jp/products/it/storage-solutions/inquiry/

■ 情報提供サイト
http://www.hitachi.co.jp/storage/


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.