画像: 「ADWORLD」シリーズを総合的に運用し、
スムーズな介護保険関連業務を実現

宮城県蔵王町(ADWORLD導入事例)

介護保険システムをはじめとするADWORLDシリーズを導入

人口約13,000人を抱える宮城県蔵王町は、東北の霊峰・蔵王連峰の東麓に広がる豊かな水田地帯に加え、丘陵地を利用した果樹栽培も盛んで、梨の生産量は県下ナンバーワンを誇ります。高原育ちの乳牛からとれる新鮮な牛乳で作るチーズなどの乳製品も全国的に人気があり、四季折々の美しさと楽しみ方が広がる観光地として知られています。

町の行政を担う蔵王町役場では長年にわたり「日立 自治体ソリューション ADWORLD」を利用。介護保険をはじめ住民記録、国民健康保険、児童手当、医療費助成、後期高齢者医療といった幅広い業務を連携させながら、住民への窓口対応を迅速かつ高効率に展開してきました。介護保険制度が施行された2000年4月から「ADWORLD 介護保険システム」を活用している保健福祉課 課長の宍戸 光晴氏は「高齢者福祉サービスの効果的な実施や介護保険関連業務の円滑な推進を行うために、介護保険システムは重要な役割を担います。そこで町役場全体で導入実績があり、事務処理を効率化できる日立の製品を採用しました」と語ります。

蔵王町の介護保険事業の状況について同課 主幹の佐藤 美佳氏は「高齢化率はすでに住民数あたり32%に達しています。今後も確実な介護保険事務を通じて高齢者や家族の生活を支える必要があるため、町では地区活動として介護予防に力を入れています」と説明します。

画像: 介護保険システムをはじめとするADWORLDシリーズを導入

ADWORLD 介護保険システムで初任者にもやさしい操作環境を提供

ADWORLD 介護保険システムの機能について、同課 主事の堀内 愛恵氏は「このシステムを使い始めてから、ストレスを感じたことは一度もありません。必要な機能がすべてそろっていますし、被保険者の情報が常にわかりやすく表示されるので、保険料減免や給付制限、滞納情報の有無などもひと目で把握することができます。介護認定ソフト(※)の情報ともシームレスに連携できるなど、滞りなく業務が行えるのがうれしいですね」と評価します。

また、制度が年々複雑化する介護保険関連業務に対し、初任者でもすぐに使えるわかりやすい操作環境を提供しているのもシステムの大きな特長の一つです。使いやすさを左右する画面デザインでは、視覚的に見やすくわかりやすい配色を施し、各画面のレイアウトをそろえることで操作性を統一。重要な操作項目はボタンや文字の大きさを変え、操作ミスや入力ミスを防止しています。

「保健福祉課に配属されてまだ4か月ですが、次にどの処理を行えばいいのかが直感的にわかる画面のおかげで、一通りの操作を自然に覚えることができました」と、同課 主事の井上 和紀氏は笑顔で語ります。

このほかにもADWORLD 介護保険システムは、同時に複数の被保険者情報を確認でき、急な問い合わせにもスピーディーに対応可能な「サテライトウィンドウ機能」、自治体固有の運用ルールや注意事項といった電子文書をオンライン画面から呼び出すことができる「iボタン機能」などを備えており、日々の業務を強力にアシストしています。

※ 厚生労働省から提供される「認定ソフト2009(SP4)」

収納窓口の一本化で住民サービスを支援する「ADWORLD 汎用収納システム」

蔵王町の介護保険事務の特長は、賦課収納業務を保健福祉課ではなく町民税務課で行っていることです。町民税務課は住民票・戸籍・印鑑登録・健康保険・税金などに関する業務を一括して行っており、介護保険料も含めた収納窓口もここに一本化されているため、住民負担の軽減と利便性の高いサービスを実現しています。

「多様化、複雑化する町民ニーズや行政課題に対応するため、各課が個別に業務を行うだけでなく、必要に応じて事務連携しながら取り組んでいます。保健福祉課において必要な住民情報も介護保険システムで見ることができ、一つの端末上で事務を進められるので非常に便利ですね」と語るのは、同課 課長補佐の佐藤 長也氏です。これは各種税・料金の調定情報を一括管理できるADWORLD 汎用(はんよう)収納システムとADWORLDのシステム連携機能によって実現されており、町役場全体の円滑な事務処理とデータ正確性の確保に役立っています。

画像: 宮城県蔵王町の主なシステム概要

宮城県蔵王町の主なシステム概要

迅速な法改正対応に高い評価

「蔵王町では、団塊世代が75歳以上となる2025年までには地域包括ケアシステムを構築し、高齢者が安心して住み慣れた地域で生活することを目標としています。地域包括ケアシステムの構築に向けて、来年度から介護予防・日常生活支援総合事業が始まります。このため介護保険事務でも、対象者の区分や給付内容の変更などが発生することが予想されます。システム面での対応も急務の課題となってきますが、これまでも日立さんは制度改正に合わせたバージョンアップをきちんと行ってくださっているので不安はありません。今後も引き続きシステム改善や情報提供などでのきめ細かいサポートをお願いしたいと思います」と堀内氏は期待を寄せます。

その期待に応えるため、これからも日立 自治体ソリューション ADWORLDは、迅速な法改正対応と継続的な機能強化により、蔵王町はもとより、さまざまな自治体の介護保険業務を力強くサポートしていきます。


画像1: 迅速な法改正対応に高い評価

宮城県蔵王町
所在地 宮城県刈田郡蔵王町大字円田字西浦北10
人口 12,523人(2016年8月31日現在)
世帯数 4,490世帯(2016年8月31日現在)
職員数 199名(2016年4月1日現在:企業会計等含む)
http://www.town.zao.miyagi.jp/

画像2: 迅速な法改正対応に高い評価

お問い合わせ先
(株)日立製作所 公共システム営業統括本部 カスタマ・リレーションズセンタ
http://www.hitachi.co.jp/pchannel-inq/

■ 情報提供サイト
  http://www.hitachi.co.jp/app/adworld_kaigo/


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.