岩手県釜石市と日立、一般社団法人新興事業創出機構(以下、JEBDA)は2016年6月、釜石市の地域全体の活性化に向けて協働して取り組む協定を締結しました。日立は東日本大震災後、CSR(企業の社会的責任)活動の一環として、JEBDAを通じて地域の水産加工業者の業務システム改善などを行ってきました。今後も三者間の連携をさらに強化し、長期的な視点から幅広く活動を展開していきます。

「復興のためITで何ができるか」を模索

このプロジェクトを開始したきっかけは、被災地域の企業や自治体と、都市圏の企業をつなぐ「共創プロジェクト」などをプロデュースしているJEBDAからの紹介を受け、日立社員が2012年12月に釜石市唐丹(とうに)町を訪問したことです。当時は震災後まだ1年半しか経過していませんでしたが、日立のITを活用した復興支援ニーズが多くあることを知り、幾度も現地へ足を運ぶなかで、徐々に現地の方々との信頼関係を構築。互いに「復興のためITで何ができるか」を模索し続けていました。

そして2013年3月に社内説明会を開催し、チームメンバーを募集したところ50人近い営業・SEが協力を申し出ました。その後、専門性や志望理由をもとに選出した約10名のメンバーが休日などを利用して現地を訪問しながら、唐丹町漁業協同組合のWebサイトを構築。2015年6月には、水産加工会社である釜石ヒカリフーズ株式会社のWebサイトを立ち上げ、現在も同社の業務システム改修に向けた業務フロー分析や仕様設計を進めています。

今回締結された協定では、釜石市が2015年度から5か年で行っている市外との交流人口を増やし地域全体の活性化をめざす「オープンシティ戦略」を後押しするべく、地域コミュニティ活性化や産業振興、人材育成などに釜石市と日立、JEBDAが連携して取り組むことになっています。現在は人材育成の観点から小・中学生を対象にしたIT関連の教育支援などを検討しています。

画像: 「復興のためITで何ができるか」を模索

インタビュー:日立CSR担当者の思い
ICT事業統括本部 コーポレートコミュニケーション本部 CSR部 部長 増田 典生

今回の協定締結に関わった一人として、活動開始当初から釜石市での復興支援活動に携わってきたICT事業統括本部 コーポレートコミュニケーション本部 CSR部 部長 増田 典生に話を聞きました。

-釜石市でCSR活動を展開するにあたり、地元の方々とどのように信頼関係を築いていったのでしょう。

増田 被災地は一時、営業目的で外部の人間がドッと押し寄せますが、いつしか潮が引くようにいなくなってしまうパターンが多く、地元の方々には外部の人間への距離感が体験的にできてしまっていました。そこでわれわれは「こんなことをやります」「こんなことができます」とはあえて言わずに毎月訪問を重ね、地元の方々が「何を必要としているのか」「何に困っているのか」に耳を傾け続けました。信用し始めてくれていると感じることができたのは、訪問し始めて半年ほど経った頃でした。片道6時間かけての往復は大変でしたが、日帰りできない距離だからこそ、地元の住職さんや漁協の方々とお酒を酌み交わしながら、腹を割った話ができる関係を構築することができました。

-唐丹町漁業協同組合のWebサイトを構築するときに気をつけたポイントは何でしょうか。

増田 漁協の方々の話を伺うなかで、情報発信だけでなくWebサイトを地域コミュニティのハブにしたい意向があることを知りました。そこで地元公民館や漁協女性部、お寺、小・中学校など、地域のたくさんの方々にご協力いただき、地産品を使ったレシピを載せたり、分散していた唐丹町の歴史的資料を収集・整理して載せたりするなどの工夫を行いました。現在はファクシミリで受け付けている海産物の販売を、Web上から行うための仕掛けづくりを検討しています。

-釜石市でのCSR活動を通じて、よかったと感じたのはどのようなときですか。

増田 漁協の組合長や釜石市長から感謝のメッセージをいただいたときです。それらを読んだときには、頑張ってきてよかったなあと思いました。

-CSR活動における意義は何だと思いますか。

増田 われわれの活動は単なる復興支援ではなく、共に悩んで答えを見つけ、前に進んでいく「協創」による新しいまちづくりだと考えています。支援する側・される側ということではなく、地域の方々と同じ目的に向かって一緒に歩んでいくという感覚があるのです。ITを活用した被災地での長期的な活動をとおして、日立がめざす社会イノベーション事業による豊かな社会の実現に取り組んでいきたいと思います。

画像: 釜石市役所において行われた調印式にて (左から日立の星野東北支社長、釜石市の野田市長、JEBDAの鷹野理事長)

釜石市役所において行われた調印式にて
(左から日立の星野東北支社長、釜石市の野田市長、JEBDAの鷹野理事長)

関連サイト
■唐丹町漁業協同組合
 http://jf-tonicho.or.jp/
■釜石ヒカリフーズ株式会社
 http://www.hikarifoods.jp/


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.