「Lumada(ルマーダ)」は、日立が長年蓄積してきた信頼性の高いOT※とITを融合したIoTプラットフォームです。オープンで汎用(はんよう)性の高いシステムで構成されているため、他のプラットフォームやシステムと容易に連携することができ、幅広い業種や利用目的に対応します。日立のフロントビジネスユニットとお客さまとの協創においてLumadaを活用すれば、さまざまな経営課題を解決するデジタルソリューションの迅速な開発と、新たな価値創出が可能となります。

※ Operation Technology

多様なデータから知見を照らし出す「Lumada」

デジタルソリューション開発の起点となるのは、お客さま企業に蓄積された多様なデータです。IoTで得られるマシンデータやヒューマンデータ、ITシステムから得られるビジネスデータなど、お客さまの膨大なデータ(data)に光を当て(illuminate)、隠れた関係性を解明することで、お客さまのビジネスに役立つ知見を得ることができます。その思いを込めて、日立は新たなIoTプラットフォームを「Lumada」と命名しました。

“illuminate(照らす・輝かせる)”+“data(データ)”=Lumada

Lumadaは、お客さまの現場システム(OT)や業務システム(IT)、パートナーや他社のIoTプラットフォームをフレキシブルにつなぐことができます。そこで集められたデータをもとに、課題分析、仮説構築、プロトタイピングと価値検証を繰り返しながら、データから新たな価値を生み出すIoTソリューションを迅速に協創していきます。

Lumadaはお客さまが持つさまざまなデータをつなぎ、分析することでお客さまの経営課題を解決します。また、これまでの日立の事業実績やお客さまとの協創で培われたソリューションの知見・ノウハウから、経営課題解決の肝となる部分をソリューションコアとして抽出し、ひな型として蓄積することで、ソリューション構築を迅速にしお客さまの新たな課題をより早く解決することに役立っています。言わば、お客さまがデジタル技術によるイノベーションをスピーディーかつ容易に手に入れる手段となるのがLumadaなのです。

画像: 図1 IoTプラットフォーム「Lumada」の概要

図1 IoTプラットフォーム「Lumada」の概要

三つの特長をもつLumada

Lumadaは「オープン」「適用性」「高信頼」という三つの特長を備えています。

■オープン(Open)
 業種・業界を超えたオープン連携による価値創出

Lumadaはオープンで柔軟性の高い構造で設計されています。このため自律した個々のプラットフォームをつなぎ、業種・業界を超えてパートナーの技術を容易に補完することで、お客さまの経営課題を解決するソリューションを提供することができます。日立はLumadaをベースに社会イノベーションのエコシステムを構築することで、政府が提唱している超スマート社会「Society 5.0」の実現にも寄与します。

■適用性(Adaptable)
お客さまのシステムはそのままに、デジタルソリューションを追加・拡張

Lumadaは、さまざまなパートナーの技術と連携できるだけでなく、お客さまがすでに導入されているOT・ITシステムやソフトウェアとも連携します。また、日立の仮想化技術を使うことで、既存システムに手を加えたりデータを外部に持ち出したりせずにデータをやり取りすることができます。システムの増設や拡張も容易なため、迅速かつスケーラブルにソリューション開発を行うことができます。

■高信頼(Verified)
 実績あるOT・IT技術で、お客さまの安全・安心なデジタルソリューションに貢献

Lumadaは、すでに検証や実用化がされている信頼性の高いテクノロジーで構成されています。例えば、データ収集・分析を行うPentahoソフトウェアは、現在1,500を超えるお客さまに利用されているものであり、より高度なデータ分析を行う人工知能Hitachi AI Technology/Hは物流倉庫での作業効率向上やホームセンターでの顧客単価アップといった実績を上げています。データ分析の結果をフィードバックし、ビジネスの現場を改善する制御系は、鉄道・電力・エネルギーなどの分野で実績のあるリアルタイム制御、セキュリティ、ロボティクスなどで構成されているため、お客さまは安心してLumadaのメリットを享受することが可能です。

画像: 図2 ソリューションコアの一例

図2 ソリューションコアの一例

お客さまと社会に新たな価値を創造

このようにIoTプラットフォーム「Lumada」は、成功事例をひな型にしたソリューションコアの適用と、実績あるテクノロジー、OT・ITに関する日立の知見やパートナーシステムとのオープンな連携により、お客さまのイノベーションに貢献するデジタルソリューションを、より早く効率的に実現することができます。

日立のフロントビジネスユニットは経営に課題を抱えるお客さまを強力に支援し、Lumadaをベースに、お客さまと社会に新たな価値を創出していきます。



お問い合わせ先
(株)日立製作所 サービス&プラットフォームビジネスユニット
http://www.hitachi.co.jp/lumada/inq/


■ 情報提供サイト
  http://www.hitachi.co.jp/lumada/


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.