インターネットを通じて商品を入手しやすくなった今、グローバルに広がるサプライチェーンの最適化は、モノの調達・製造・販売の生命線を担うロジスティクス(物流)の高度化にかかっています。最先端クラスのデジタル技術を活用して製造・流通業の全体変革を支援する日立は、自らの構造改革で培ったノウハウを生かし、お客さまのキャッシュフローとビジネス価値を最大化するロジスティクスサービスを提供していきます。

ロジスティクスの高度化が重要なカギに

ビジネスのグローバル化が進展するなか、先進的な企業は競争力強化に向けて、ITを高度活用した多様なお客さまニーズへの対応や、生産の最適化をめざしています。ドイツが国を挙げて推進している技術政策「Industrie 4.0」では、製造設計や生産設備、生産工程などのプロセスをインターネットを介してサプライヤーやお客さまが連携することで、IoTによる今までにない価値と新たなビジネスモデルを構築する取り組みが行われています。

こうした次世代型の産業改革を実現するには、材料・部品・完成品などの物流経路のグローバルレベルでの最適化や、工場・保管倉庫の適正な拠点配置、FTA(※1)やTPP(※2)といった税制条件も考慮した調達戦略も重要なテーマとなってきます。

日立は2011年度から「Hitachi Smart Transformation Project」というグループを横断した構造改革プロジェクトを実施してきました。このプロジェクトで日立はサプライチェーンにおける引き合いから受注、製造、サービスまでのEnd to End (以下、E2E)の業務プロセスの見直しなどを通じ、コスト競争力やキャッシュ創出力の強化、事業基盤の再整備に取り組んできました。ここで得た幅広い分野の改革ノウハウや分析力、日立グループ内の実証で得られた多くの施策は、同じ悩みを抱えるお客さまの事業改革、構造改革にも貢献できると考えます。

なかでも大量の部品や商品を工場や店舗へ届けるロジスティクスの効率化が、今まで以上にビジネスの成否を決する重要な要件となっています。そこで日立はロジスティクスを含めたグローバルサプライチェーン全体をITによって高度化していく「バリューチェーン・ロジスティクス サービス」の開発を進めています(図1)。

※1 Free Trade Agreement:自由貿易協定
※2 Trans-Pacific Partnership:環太平洋パートナーシップ

画像: 図1 各種サービス、ソリューション体系

図1 各種サービス、ソリューション体系

「バリューチェーン・ロジスティクス サービス」の全体像

本サービスは、原料・素材、部品のサプライヤー、製造工場、物流センター(メーカー/小売)、店舗といった広域なサプライチェーン上にある各企業とそのITシステムを連携させ、各システムの持つデータを統合し可視化と活用を進めることで、製造業・流通業のお客さまの業務をE2Eで高度化するサービスです。グローバル在庫削減によるキャッシュフローの改善、消費動向を反映した計画の最適化による製造・販売リードタイムの短縮などを実現することで、グローバルバリューチェーン全体での競争力強化を支援します。

サービスは大きく二つのカテゴリーに分けて提供します。一つは自動車部品メーカーなど、一般的な製造業のお客さま向けの「製造ロジスティクス高度化サービス」です。もう一つが、製造から流通・小売りを自社展開する製造小売業やコンビニエンスストアなど小売業のお客さま向けの「流通ロジスティクス高度化サービス」です。

本サービスでは、お客さまの経営課題を共有・明確化する上流コンサルティングから、グローバルな調達、物流、在庫最適化、物流センター高度化、それにともなうITサービスやBPO(※3)サービスまでをワンストップで提供します。日立は、お客さま個々の経営課題を短期間に明確化し、事業改革をトータルに支援します(図2)。

※3 Business Process Outsourcing

画像: 図2 「バリューチェーン・ロジスティクス サービス」の概要

図2 「バリューチェーン・ロジスティクス サービス」の概要

製造ロジスティクス高度化サービス(製造業向け)

本サービスでは、日本の製造業が海外進出する際の生産・販売拠点をつなぐバリューチェーンの最適化を支援します。現在、共同調達物流サービス、調達BPOサービス、グローバル在庫最適化サービスの開発を進めています。

■共同調達物流サービス
日本の製造業、関連サプライヤーなどが集まる海外の工場地帯・工業団地などを中心に、複数のお客さまの部品調達、製品配送を共同化するサービスです。

これまで複数のサプライヤー(素材・部品メーカー)が調達先である場合、サプライヤー各社が個別に納品するため、そのつど検品作業の手間がかかるほか、欠品を回避する意識から余剰在庫が発生する可能性がありました。また供給される部品には、それぞれ物流コストが含まれており抜本的なコスト削減を阻む要因の一つでした。

そこで本サービスでは、日立物流が持つグローバルネットワークを利用して、海上・航空輸送での共同輸送によるコスト削減を、日本・海外にある物流センターの共同利用に加え、ミルクラン(巡回集荷)による複数のお客さまの共同集荷を実施します。さらに、部品コストに含まれていた輸送コストを分離した上で、ミルクランによる物流コスト・部品在庫コスト・検品などの管理コストのトータルな削減が図れ、調達コストとリードタイムの最適化につなげることが可能となります。

なお日立は、本サービスの提供に先立ち、日立グループの中国進出拠点において共同ミルクランの実証実験を行い、調達物流コストと在庫コストの削減効果を確認しています。お客さまに本サービスをご提案する際には、多角的な実データから課題や解決の方向性を共有し、想定効果を可視化するシミュレーションツール「Cyber-PoC」(※4)を使った効果検証を行い、プロジェクトの意思決定を支援します。

※4 Cyber-Proof of Concept

■調達BPOサービス
本サービスは、日立グループの国際調達を担う日立ハイテクノロジーズの商社機能を利用して、高効率・低リスクな調達オペレーションのBPOサービスを提供するものです。物流業務をお客さまの立場に立って継続的に改善する3PL(※5)と同様、調達業務をお客さまに代わって行う3PP(※6)とも呼べるサービスです。

たとえば国際調達では、そのリードタイムの長さからどうしても欠品・過剰在庫のリスクが避けられません。そこで本サービスでは、お客さまの生産計画とサプライヤーの生産状況、発注された部品の輸送状況などをリアルタイムに把握することで発注量と時期の精度を上げ、調達業務におけるさまざまなオペレーションコストやリスクを改善し、お客さまのコア業務への集中を実現します。さらに、お客さまの海外展開に合わせ、国内で取り引きしていた優良サプライヤーの海外進出を海外共同工場・共用設備の提供・運用などでサポートするFactory as a Serviceの提供も予定しています。

※5 Third Party Logistics
※6 Third Party Procurement
 
■グローバル在庫最適化サービス
本サービスは、複数の分散した海外生産拠点・販売拠点を持つお客さまに対し、価格変動や需要変動などに対応したサプライチェーンの最適化設計やKPI(※7)を設定するコンサルティングを実施。日立が棚卸残高の値などのKPIを設計し、それを実現する施策としてロジスティクスと在庫の最適化をサービスで提供するものです。例えば、東南アジアや中東の市場向けに製品を提供する際に、中国にある工場の生産能力を活用するなど拠点ごとの最適在庫やロジスティクスネットワークの設計を日立が支援。販売機会ロスの極小化、キャッシュフロー改善などのバリューを継続的に提供していきます。

※7 Key Performance Indicator:重要業績指標

流通ロジスティクス高度化サービス
(製造流通・製造小売業向け)

商品と消費者の接点である店舗で、消費者が欲しい商品が品切れを起こしては、せっかくの販売機会を失ってしまいます。そこで流通ロジスティクス高度化サービスでは、多様化するお客さまニーズに対応し、欲しいときに欲しい数量の商品を用意し、在庫リスクや品切れによる販売機会のロスをなくすデマンドチェーンの最適化と、その基盤となる物流センターの高度化を支援していきます。

■物流センター高度化/デマンドチェーン最適化サービス
本サービスは、メーカー/販社の生産・販売計画、店舗の在庫・売り上げ状況、消費者の嗜好(しこう)や購買履歴などのパーソナル情報などを用いてお客さまの需要創造による品ぞろえや発注量を適切にコントロールします。オンデマンド供給に対応した自動倉庫などで、在庫・ロジスティクスの最適化、市場リードタイムの最短化を実現していきます。

それには、オムニチャネルなどの新たなサプライチェーンも含めた全体の情報管理と、迅速にモノを届ける物流センターの自動化技術が欠かせません。日立は、IoTプラットフォーム「Lumada(ルマーダ)」によって、これらのサービスを迅速に構築・提供します。また、物流拠点と倉庫設計の最適化を支援するシミュレーション・人工知能技術や、物流業務の情報をタイムリーに集約して経営判断をスピード化する可視化・アナリティクス技術、倉庫内作業を効率化・自動化する小型・低床式無人搬送車「Racrew(ラックル)」など、さまざまな最先端クラスの技術を保有しています。こうしたITとロジスティクスのシナジーで、お客さまの次世代ビジネスをスピーディーに最適化していきます。

日立グループの構造改革プロジェクトで培ったノウハウと、リアルなグローバル物流ネットワーク、最先端クラスのITプラットフォームなどを生かして提供される「バリューチェーン・ロジスティクス サービス」。日立はグローバルサプライチェーン全体の効率化と最適化を通じ、お客さまとの協創によってイノベーションを実現していきます。


お問い合わせ先
(株)日立製作所 社会イノベーション事業推進本部
https://www8.hitachi.co.jp/inquiry/totalsolutions/logistics/form.jsp

■ 情報提供サイト
  http://www.hitachi.co.jp/products/ts_logi/


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.