日本は今、グローバル化の進展や慢性的な人財不足といった大きな産業構造の変化に直面しています。その中で「在庫の適正化」「物流コストの削減」「生産性の向上」を高めるロジスティクスの高度化・効率化は、企業にとって持続可能な発展のカギを握る重要なテーマになることは間違いありません。

日立は、2016年9月13日(火)から16日(金)までの4日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催されるアジア最大級の物流・ロジスティクスに関する展示会「国際物流総合展2016」に出展。ロジスティクスとサプライチェーン全体の最適化を支援し、お客さまの改革を実現するためのソリューションを提案します。

日立ブースでは「チームで解決! トータルで考えれば答えは見つかる」をテーマに、配送、物流センター、グローバル、NEXT(次世代ロジスティクス)などの課題に対し、日立が複合的な観点とチーム力で、お客さまの経営課題をトータルに解決する姿をプレゼンテーションと製品展示にてご紹介します。

ぜひ日立ブースにお立ち寄りください。

展示される主なソリューション

未来型倉庫を実現する「ドリームウェアハウス」

日立グループは人工知能(以下、AI)を適用した次世代倉庫「ドリームウェアハウス」の研究開発を進めています。日々の需要変動が激しい倉庫業務は、人手による効率化が難しいことで知られていますが、膨大なデータを網羅的に相関分析できるAIを使えば、ベテラン担当者でも気づかなかった新たな知見を容易に発見することができます。ある物流センターでの実証実験では、作業者一人ひとりの作業手順、作業時間、商品の種類などに関する作業履歴から、ピッキング作業を効率的に進められる順番と経路をAIが導き出し、当日の配送要求データと掛け合わせて適切な指示を行うことで、作業効率が向上しました。

また、ロボット技術とAIによる最適制御では、多品種少量の商品を扱う倉庫内で、自律的に移動して棚から商品を取り出して箱詰めする「ピッキング用双腕ロボット」や、「運搬ロボット」「補充ロボット」などが協調し、スムーズに作業を進める環境が検討されています。

さらに「スマート物流コックピット」では、それらの作業状況や経営情報を可視化して、経営と直結した視点から倉庫管理の業務効率化を支援します。

倉庫内業務を効率化する小型・低床式無人搬送車「Racrew(ラックル)」

工場の製造ラインや物流倉庫では、作業指示に応じて搬送物(棚)に保管されている部品・商品などを作業者が自ら取りに行かなくてはなりません。このため作業効率の向上や人件費削減には限界があります。そこで日立が開発したのが、独自の制御アルゴリズムで倉庫内の搬送物を自動搬送する「Racrew」です。Racrewは搬送物の下に設けられた隙間に潜り込んで搬送物を持ち上げ、そのまま倉庫内のピッキングステーションに搬送。ピッキングステーションには作業担当者が待機しており、運ばれてきた搬送物からピッキング指示に従って部品・商品を取り出します。部品・商品が取り出されると、Racrewは再び搬送物を元の位置に戻します。このように搬送物を作業者のもとへ自動搬送することで、作業効率向上と省人化を図ることが可能となります。

従来用いられている手法に、表示器を用いたDPS(※1)や自動倉庫があります。DPSは移設・増設が容易であり、視認性向上による作業の効率化が図れますが、人の移動や搬送といった作業があるため、多人数の作業者が必要となります。一方、自動倉庫は荷物の自動搬送によって作業量削減が可能であるものの、大がかりな固定設備であるため、移設や荷姿変更が困難といった問題があります。

しかしRacrewにより導入後のレイアウト変更が容易なほか、大がかりな据え付け工事も不要なため、スピーディーかつ低コストな導入が可能です。

※1 Digital Picking System

画像: 小型・低床式無人搬送車「Racrew」

小型・低床式無人搬送車「Racrew」

攻めの物流を支援する「ONEsLOGI」シリーズ

グローバルサプライチェーンの最適化は、モノの調達・製造・販売の生命線を握るロジスティクスの高度化にかかっています。お客さまの経営課題に適したシステム導入のため、日立は幅広い用途に合わせた実績あるロジスティクスシステムを、パッケージあるいはクラウドサービスで活用できる「ONEsLOGI」シリーズを提供しています。システム導入にあたっては、個々の課題に沿った業務改善コンサルティングから、サービス導入、稼働後の運用・保守までをワンストップサービスとして提供。柔軟かつスケーラブルに拡張・連携できるONEsLOGIソリューションで、お客さま企業の持続的発展に貢献します。

■物流センター管理システム「ONEsLOGI/WMS(※2)」

適切な在庫管理、倉庫管理で業務を改善したいお客さま向けの物流センター管理システムです。物流現場に求められる基本機能を網羅し、高度な物流管理を低コストで提供。作業効率向上による物流コストの削減、誤出荷防止など物流品質改善を図ります。

※2 Warehouse Management System

■クラウド型倉庫管理システム「ONEsLOGI Cloud/WMS」

現場で培われた物流改善ノウハウを結集した入出荷・在庫管理システム(WMS)を短期間・低価格で導入可能なクラウドサービスで提供。入出荷・在庫管理から棚卸業務まで対応し、管理拠点からの倉庫業務を可視化することが可能です。

■輸出業務クラウドサービス「ONEsLOGI Cloud 船積書類作成システム」

貿易取り引きにおける貨物の受け渡し・通関などで必要となる書類を容易に作成し、業務の効率化を支援します。クラウドでの提供により、早期のサービスインを図ることができます。

また、NACCS(※3)連携など輸出入業務のシステム化を検討中のお客さまには輸出・輸入のシステムをテンプレート群として紹介します。これらの組み合わせでお客さまの要件をどうシステム化していくかの提案を行います。

※3 Nippon Automated Cargo and Consolidated System

画像: 図 「ONEsLOGI」シリーズの概要

図 「ONEsLOGI」シリーズの概要



お問い合わせ先
(株)日立製作所 社会イノベーション事業推進本部
https://www8.hitachi.co.jp/inquiry/totalsolutions/logistics/form.jsp

■ 情報提供サイト
 http://www.hitachi.co.jp/products/ts_logi/


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.