日立は2005年以来、豊かなコミュニケーション能力を持ち、人と安全に共存でき、人をサポートするサービスロボットの実現をめざしてきました。そして今回、店舗や公共スペースで接客・案内サービスを提供できる「EMIEW3」とロボットIT基盤による実証環境を整備。お客さまと日立による、新たなロボットサービスの協創をスタートさせます。

人と対話し、実業務を担えるロボット「EMIEW3」

日立は日本におけるロボット研究の草分けとして、これまで数多くの技術開発を行ってきました。1970年の日立技術展では、わが国初の人工知能ロボットを公開展示。2005年日本国際博覧会「愛・地球博」日立ブースでは、人と対話して行動するヒューマノイド「EMIEW」を、また2007年には人と同じ速度で移動する自律走行機能を持った「EMIEW2」をそれぞれデビューさせました。

そして2016年、新たに開発した「EMIEW3」は、「EMIEW2」の諸機能を継承しつつ、サポートを必要とするお客さまを見つけて自ら接客行動を開始する機能、複数台のロボット間で情報共有やサービスの引き継ぎを行う機能、転倒しても自ら起き上がる機能を追加し、接客・案内サービスを、より効果的に行う仕様を実現しています。

クラウド上に実装した制御機能と、ロボット機体の監視システムからなるリモートブレイン(※1)構成のロボットIT基盤と連携することで、お客さまの幅広いニーズに即した、より柔軟で高度なロボットサービスを開発することができます。例えば、さまざまな言語対応や移動しながらの説明などが求められる空港や駅での案内サービス、種類が多く複雑な商品を取り扱う銀行などの窓口業務、高齢者や子どもなど、知りたい内容をうまく伝えられない方々への案内業務、そして店舗内での不審者発見など、一段と高度化する対人サービスでの活用をめざしています(図1)。

※1音声・画像・言語処理などの知能処理をロボットの外側で行う仕組み

画像: 図1 EMIEW3の活用シーン

図1 EMIEW3の活用シーン

EMIEW3とロボットIT基盤の主な特長

■困っている人に自ら話しかける「能動性」
付近のカメラと連携した環境認識と対話能力により、お客さまに話しかけられてから答えるのではなく、立ち止まり、困っていそうな人を自ら見つけて能動的にサポートできます。対話する際も、頭部の複数のマイクロホンを使って、雑音の中でも人の声(日本語・英語をはじめとする多言語)を聞き取るとともに、子どものような親しみやすい声での発話が可能です。

■多様なサービスに対応する「機動性」
人と協調して移動できる6km/hの走行速度、15mmの段差乗り上げ機能などを「EMIEW2」から継承し、屋内サービスで実用的な身長90cm、重さ15kgの小型軽量ボディを実現。前・横・後方すべての方向で、転倒からの起き上がり機能を新たに搭載しました。人と同じ速さで広範囲を動き回れるため、さまざまなシーンを対象としたサービス開発が実現できます。

■サービス稼働率を高める「運用性」
リモートブレイン構成を採用し、高度な接客・案内サービスを提供できます。また、複数ロボットを遠隔から統合的に監視・制御する運用監視システムにより、多拠点に配置された複数台のロボット間での情報共有やサービスの引き継ぎが可能。ロボットIT基盤の監視・制御対象は「EMIEW3」に限定せず、他社製ロボットやデジタルサイネージ、タブレット端末など、さまざまなデバイスに対応します。さらにロボットの障害発生時には遠隔地から指示を出すことで短時間での復旧対応を実現し、サービス稼働率を高めます(図2)。

画像: 図2 EMIEW3とロボットIT基盤の主な特長

図2 EMIEW3とロボットIT基盤の主な特長

ロボットサービスの早期実用化をめざして

日立は、EMIEW3とロボットIT基盤、開発者とオペレーターで構成するチームを一つのパッケージとし、さまざまな場所や状況におけるロボットサービスの実証実験(PoC ※2)を、お客さまや世界のパートナーとともに開始します。具体的には、日立独自の顧客協創方法論「NEXPERIENCE」(※3)によってお客さまとの課題共有からビジネスモデル設計までをトータルで検討。さらに、茨城県ひたちなか市に新設した「ロボティクス協創ルーム」で実機を使いながらプロトタイピングとアイデア検証を実施し、すばやいサービス開発へとつなげていきます。

今後も日立はビジネスや社会の発展に役立つロボットサービスの実用化をめざします。

※2 Proof of Concept:概念実証
※3 「顧客協創手法」と「ツール」、それらを「実践する場」を包含する日立オリジナルの顧客協創方法論


お問い合わせ先
(株)日立製作所 研究開発グループ
https://www8.hitachi.co.jp/inquiry/hqrd/rd/jp/form.jsp

■ 情報提供サイト
http://www.hitachi.co.jp/rd/portal/highlight/robotics/emiew3_01/


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.