有用な発明をしたときに取得する特許。数多くの研究者がいる日立でも、日々研究に取り組み、その中で多数の特許を取得しています。2015年の特許取得件数は1,240件にも上り、その出願範囲は多分野にまたがっています。

今回はちょっと変わった特許「蚊幼虫の駆除方法」を紹介します。

まずボウフラ(蚊幼虫)がいる水桶などに砂鉄を投入。すると、砂鉄を好んで食べる性質をもつボウフラが砂鉄を体内に取り込みます。一定時間経過後に水の中に磁石を入れると、砂鉄を食べたボウフラが磁石に吸着されて、一網打尽にできるというものです。

水道設備がない地域で、飲料水用の水桶内に発生するボウフラを駆除するために考え出された特許。現在でもさまざまなボウフラを駆除する方法が考えられていますが、こちらの特許権は有効期間がすでに切れていますので、ぜひ活用してみては……。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.