活気ある世界の実現に向け、皆さまとともにイノベーションで挑みたい--そのような思いを実現するために誕生したのが「日立コラボレーションスクエア京橋」です。お客さまやパートナー、日立がそれぞれに持ち寄るアイデアや技術の「協創」で、新たな価値やイノベーションを創り出す場として、ぜひご利用ください。

新たな発想を「協創」する場として

最先端レベルの映像ショールームと商談室、双方の機能を兼ね備えた施設として2013年8月にオープンした「日立コラボレーションスクエア京橋」は、JR東京駅に程近い、東京メトロ銀座線京橋駅に隣接する「東京スクエアガーデン」内に開設されています。

「日立と組んで新しいビジネスを始めたい」「当社と日立、それぞれの強みを生かした新しいソリューションやサービスを作れないか」--そのような皆さまの期待に応えるため、本施設では日立の社会インフラ事業の核となる「エネルギー」「交通」「水環境」と、関連する「IT」を中心にご紹介。皆さまと日立の「アイデアとアイデア」「技術と技術」をコラボレーションさせ、イノベーションを創り出す場として利用できる施設です。

施設内には、日立の社会インフラ事業の取り組みや技術を紹介する「パブリックゾーン」、皆さまのニーズに合わせた個別のプレゼンテーションや商談を行う「ブリーフィングルーム」、日立のインフラ技術とITを組み合わせたイノベーション事例を大型スクリーンでわかりやすく紹介する「シアタールーム」などをご用意。海外のお客さま向けに英語対応が可能な説明員も配置しています。皆さまが抱える課題を解決する日立の技術を提案しながら、実行可能なソリューションをともに考え、新たな価値やビジネスの創出へとつなげていきます。

■パブリックゾーン

創業からの日本の歴史と、日立の社会インフラ事業の軌跡をオーバーラップさせた「社会インフラ事業の歴史といま」のほか、グローバルで活躍する日立の実績を紹介します。

画像1: 新たな発想を「協創」する場として

■ブリーフィングルーム

大型モニターを配した2つの部屋を用意。日立の社会インフラ事業を紹介する映像コンテンツのほか、来場するお客さまに合わせた個別のプレゼンテーションを行います。会議や商談の場としての利用も可能です。

画像2: 新たな発想を「協創」する場として

■シアタールーム

3面の大型スクリーンシアターと、タッチ操作が可能なマルチタッチテーブルを活用し、お客さまに合わせた具体的な社会インフラ事業の事例をインタラクティブに紹介します。

2016年4月からは日立が展開する「IoT」の映像コンテンツも新たに加わりました。今後も、お客さまとの「協創」に役立つ最新技術の情報を盛り込みながら、さらなる情報発信とサービス向上をめざしていきます。ご利用については日立の営業担当者へご相談ください。

画像3: 新たな発想を「協創」する場として

「日立コラボレーションスクエア京橋」施設概要
所在地/東京都中央区京橋三丁目1-1 東京スクエアガーデン6階
開館時間/10:00~17:00(予約制)
休館日/土曜・日曜・祝日
担  当/(株)日立製作所 産業・水業務統括本部 広報部


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.