グローバルに生産拠点を展開する企業では、業務や調達部品の標準化によるコスト削減、機械・設備の稼働率向上による投資効果の最大化などが大きな課題となっています。日立が提供する「オペレーション・マネジメント改革サービス」は、グローバルで実績を持つ業務コンサルティングと、M2M(※1)やビッグデータ分析技術を組み合わせ、現有資産(人・設備)の有効活用による、早期の業務改善を実現していくサービスです。

※1 Machine to Machine

対象ユーザー
グローバルに大規模な生産拠点や大型資産を持つ日本企業のお客さま。
所有資産のパフォーマンスを最適化し、グローバル市場で競争力を強化したいお客さま。

特長
日立コンサルティングが保有する業務コンサルティングに、日立のビッグデータ分析技術を組み合わせ、日本企業向けに新しい手法として提供。

実績ある業務コンサルティングとビッグデータ分析技術を融合

企業活動のグローバル化にともなう機械・設備の多様化や複雑化により、モノづくりにおけるオペレーション・マネジメントの重要性が増しています。またM2Mやビッグデータ分析技術の発展により、機械・設備の稼働状況を遠隔で把握し、稼働率向上と運用・保守コストの削減につなげることができるとの期待も高まっています。一方、経営目標と現場の課題をどのようにマッチさせ、具体的な改善策をどう導き出していくかに悩む企業は少なくありません。

このたび日立が、日本企業を対象に提供を開始した「オペレーション・マネジメント改革サービス」は、こうした課題をグローバルレベルで解決に導き、現有資産のライフサイクル全体にわたる投資対効果を最大化することをゴールとするものです。

サービスの基盤となるのは、米国のビジネス誌「Fortune(フォーチュン)」の選んだ企業番付トップ100社中の70社を含む海外500社以上に、米国日立コンサルティング社が25年間にわたって適用してきた実績のある独自の業務コンサルティングを日本企業向けにカスタマイズして適用したものです。ここに、日立独自の業務診断モデルや先進的なビッグデータ分析技術を組み合わせ、運営管理業務の改革に向けた計画策定から、M2Mなどを活用したソリューション実行までを一貫してサポートするのが最大の特長となっています。

「分析・計画」と「改革・定着」の2フェーズに分けて推進

本サービスは、「分析・計画」と「改革・定着」の2フェーズに分けて推進していきます。

分析・計画のフェーズでは、日立独自の業務診断モデル「Pyramid Analysis」(※2)に基づく現状の業務診断に加えて、ビッグデータ利活用に関する専門家「データ・アナリティクス・マイスター」によるビジネスダイナミクス(※3)を活用したデータ分析により、潜在的なリスクや課題が経営に与える影響を算出し、現状把握と課題の抽出を行います。そして業務改革が必要な領域を明確化した上で、M2Mサービスや機械学習技術を活用した故障予兆診断、ERP(※4)やEAM(※5)システムなど、さまざまな技術・製品・サービスの中から最適なツールを選択。経営と現場をつなぎ、生産計画や設備投資、IT戦略も視野に入れたオペレーション・マネジメント業務の改革計画を策定するとともに、効果算定までを行います。

また改革・定着フェーズでは、策定した計画の実行を支援し、設備の稼働率の向上と運用・保守コストの削減を両立させたROI(※6)の最大化を図っていきます。

※2 経営管理から現場活動までの現状を定量化することで、現状のポジショニングを評価し、本質的な改革領域を明確にする手法
※3 経営指標や現場から得られる膨大な業務データの因果関係を示すビジネス構造モデルから、施策を導入したときの経営・業務に対する影響を定量的にシミュレーションする技術。一般的なヒアリングによる現状把握に加え、経営指標や現場活動のデータを可視化することにより、客観的な視点で経営に与える影響を捉えることが可能
※4 Enterprise Resource Planning
※5 Enterprise Asset Management
※6 Return on Investment

画像: 業務分析から改革・定着への流れ

業務分析から改革・定着への流れ

業務改革と組織全体の生産能力向上などを実現

本サービスを導入することで、例えばグローバル拠点における生産設備の不調の兆候をM2Mで自動的に判定し、想定外の稼働停止を回避する「稼働率の向上」や、マザー工場で培われたモノづくりのノウハウをグローバル工場へ迅速に展開できる「オペレーションレベルの向上」、所有資産のライフサイクル全体にかかる「パフォーマンスの最適化」など、さまざまな業務改革と組織全体の生産能力向上などを実現することが可能です。

すでにこの手法は海外で500社以上に適用した実績があるほか、石油・ガスなどのエネルギー産業、金属産業・鉱業、化学産業を中心に、次のような効果を生み出しています。

■資源開発を行う企業において、運用・ 保守コストを年間3,000万ドル以上削減

■化学系プラントを運営する企業において、プラントの生産能力を最大32%向上、運用・保守コストも10%以上削減し歩留まり率を10~20%改善

またプロジェクトを推進する過程において、ローカライズを推進するため現地の若手社員をメンバーに加えることで、導入完了後には業務改革への強い意識とスキルを持った将来の幹部候補生として成長させる効果も期待できます。競争力向上を目的としたグローバル経営改革の推進に、実績ある「オペレーション・マネジメント改革サービス」をぜひお役立てください。


お問い合わせ先
(株)日立製作所 スマート情報システム統括本部
http://www.hitachi.co.jp/products/it/bigdata/contact.html

情報提供サイト
●データ・アナリティクス・マイスターサービス
 http://www.hitachi.co.jp/bigdata/
●ビジネスダイナミクス
 http://www.hitachi.co.jp/rd/portal/story/business_dynamics/
●Intelligent Operations(スマート情報)
 http://www.hitachi.co.jp/products/it/smart/products/intelligent_operations.html


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.