M2M/IoT(※1)の進展に伴い、センサーなどからの計測データに加え、映像や画像など大容量データの転送ニーズも増えています。そこで日立は、M2Mシステム基盤を容易に構築できる「M2Mトラフィックソリューション」のラインアップを拡充。モバイルネットワークを利用して、屋外や車内、移動先からも大容量ファイルを高速かつセキュアにデータ転送できる「大容量ファイル転送サービス」の提供を開始しました。

※1 Machine to Machine / Internet of Things

大容量データ転送に関わる課題をトータルに解決

ビッグデータの利活用による自社の業務革新やエンドユーザー向けへのサービス提供など、新たな価値創出につなげるため、データ収集やシステム制御に重要な役割を担うことが期待されているIoT。そこで扱われるデータの種類と量の増加はとどまるところを知らず、特に映像や画像といった大容量データの利活用をどうしていくかということにも多くの企業は頭を悩ませています。

例えば、移動先で撮影した映像や画像などの大容量の測定データを活用するためには、従来だと有線ネットワークによる転送を行うか、DVDやUSBメモリといった外部記憶媒体を利用する方法しかなく、データコピーの手間や紛失のリスクが常につきまとっていました。

また、測定データをすぐに拠点へ転送するには、無線ネットワークの利用が有効ですが、外部環境の影響を受けやすい無線通信は、車両などでの移動時に電波状況が不安定になるなどの課題がありました。

日立はこれらの課題を解決するため、ゲートウェイ(※2)などのM2M機器と、収集データの管理や機器の制御などを一元的に行うクラウド環境を提供する「M2Mトラフィックソリューション」に、高速なLTE(※3)通信に対応した車載対応/屋外対応のゲートウェイを追加。移動先や移動中でも外部環境に左右されず現場の大容量データを安定的かつセキュアに送信できる「大容量ファイル転送サービス」を開発しました。

※2 接続した機器から収集したデータ、または接続されたセンサーから収集したデータをサーバに送信する機能を有した機器
※3 Long Term Evolution

大容量ファイル転送サービスの特長

日立独自の高速ファイル転送技術を採用

LTE通信と日立独自の高速ファイル転送技術「Hitachi WAN Optimizer」(※4)を搭載したゲートウェイを新たに開発。距離に依存するTCP(※5)通信の性能劣化を最小限に抑え、効率的な高速データ通信を実現しました。これにより、インターネットやモバイルネットワーク環境でも大容量ファイルの高速転送が可能です(※6)。

※4 日立独自のアルゴリズムにより、WAN(Wide Area Network)における空き帯域をリアルタイムに推定しながら、流すべきデータ通信量を決定し、WANの物理帯域を最大限に活用できる日立のネットワーク高速化技術
※5 Transmission Control Protocol
※6 日本特許第5175982号、日本特許第5544430号

耐環境性能を高め、多様なシーンでセキュアにデータ収集が可能

高温、多湿、紫外線、振動といった、さまざまな外部環境に対応したゲートウェイは、車両などの移動体のほか、屋外設置でのデータ収集も可能です。

また、ゲートウェイとクラウド間のモバイル通信網にはIPsec(※7)暗号化通信方式を採用したほか、クラウド接続時に認証とパラメータ設定を自動実施する仕組みを提供。ゲートウェイ持ち出しなどによる設定情報の流出リスクを防ぎます。

※7 Security Architecture for Internet Protocol

マルチキャリア対応による通信コストの最適化

大容量ファイル転送サービスはマルチキャリアに対応しています。このため、システムごとに異なるデータの種類やサイズ、転送頻度などに応じて、通信事業者が提供するモバイル通信サービスの料金プランの中から適切なものを選択でき、通信コストの最適化が図れます。

画像: 「大容量ファイル転送サービス」の構成

「大容量ファイル転送サービス」の構成

(事例)
日立メディコの「検診車向け医用画像転送サービス」に適用

株式会社日立メディコは、「Hitachi WAN Optimizer」を搭載したゲートウェイを活用した「検診車向け医用画像転送サービス」の提供を開始しました。

これまで、胃部や胸部のデジタルX線撮影システムを搭載した検診車を使用している診療施設では、検診車で撮影した画像をDVDやUSBメモリなどの外部記憶媒体に保存し、健診施設で持ち帰ったデータの読み込みを行っていました。このため、特に山間部や離島などで行われる医療検診では、そのデータを活用するまでに時間や手間を要するほか、外部記憶媒体の紛失による情報漏えいリスクも懸念されていました。

しかし本サービスを活用することで、撮影画像を施設事務所などの指定先にモバイルネットワーク経由で高速に自動転送できるほか、外部記憶媒体紛失などのセキュリティリスクも低減するため、画像保管作業の効率性が向上。転送先の施設では、すぐに読影が開始できるため、依頼元である企業や団体への検診結果の早期提供にもつながります。

また、本サービスは既存の検診車にPCおよびゲートウェイなどを設置することで容易に導入できるほか、検診車とクラウド間のモバイル通信料を含んだクラウドサービスを定額制で提供するため、転送量に関わらず定額でのサービス利用が可能です。

大容量ファイル転送サービスは、遠隔地で撮影した取材画像や映像を即時に放送局へ転送して編集作業に役立てたり、多拠点に設置した監視カメラの映像や各種機器の保守メンテナンスデータを転送したりするなど、幅広いシーンに活用することが可能です。

これからも日立はM2Mトラフィックソリューションのサービスをさらに拡充するとともに、データ統合・分析基盤「Pentahoソフトウェア」などと組み合わせた、データ収集・管理・分析までのトータルソリューションを提供し、お客さまの業務革新や新ビジネスの創生を支援していきます。

画像: 「検診車向け医用画像転送サービス」の概要

「検診車向け医用画像転送サービス」の概要

画像: 「Hitachi WAN Optimizer」機能搭載ゲートウェイ

「Hitachi WAN Optimizer」機能搭載ゲートウェイ


お問い合わせ先
(株)日立製作所 ITプラットフォーム事業本部
https://www8.hitachi.co.jp/inquiry/it/soft/common/form.jsp?UM_Key=IoTM2M

情報提供サイト
http://www.hitachi.co.jp/IoTM2M/M2M/


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.