今月は「Exアプローチ」特集。お客さまビジネスの戦略・構想の段階から、経験価値の視点で新たな事業やサービスを「協創」していく価値協創手法「Exアプローチ」とその実践例をご紹介します。

【特集】価値協創手法「Exアプローチ」

日立の取り組み:オープンイノベーションを協創する「Exアプローチ」

さまざまな手法とツールで、新たな経験価値を提供する「Exアプローチ」

Case Study:三井不動産(Exアプローチ)

「柏の葉スマートシティ」の新サービスを「Exアプローチ」で協創

Solution:「協創」で広がる新しいビジネスとサービス

各種業界における協創事例と新たな顧客協創方法論「NEXPERIENCE」

フロンティアレポート

ソーシャルイノベーションフォーラム開催レポート

Hitachi SOCIAL INNOVATION FORUM 2015 -TOKYO- 開催レポート

Case Study

全日本空輸(Hitachi Cloud)

グローバル競争を支えるITインフラに日立の従量課金型プライベートクラウドを導入

西尾市(愛知県)(指静脈認証システム)

指静脈認証システムで住民情報システムのセキュリティ強化を実現、マイナンバー制度導入にも対応

Solution Service Product

従業員健康管理クラウドサービス/ストレスチェック

ストレスチェック制度への対応を支援する「従業員健康管理クラウドサービス/ストレスチェック」

日立あれこれ発見!

No.11:日立のテレビ


道 ~Street~

コロッセオ夜景(イタリア)

剣闘士や猛獣が死闘を繰り返し、人々を熱狂させたという古代ローマの円形闘技場。紀元80年に完成し、5万人以上を収容できた巨大施設は「コロッセオが滅びる時、ローマは滅び、そのとき世界も滅びる」と謳われ、まさに古代ローマ帝国繁栄の象徴だった。また、ローマから世界各地に伸びる道路網を整備した全盛期、世界の中心はローマだと自ら讃えて生まれた言葉が「すべての道はローマに通ず」。後に意味が転化し、物事が中心に向かって集中することのたとえや、真理(目的)への道はたくさんありどの経路を通っても必ず真理(目的)に行き着くという意味で定着し、有名な格言として現代に残った。

写真家 富井 義夫
■ 公式フォトブログ「フロム」随時更新中
http://ameblo.jp/tomiiyoshio/


以下より記事のPDFをダンロードできます。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.