いま企業活動は、企業内から企業間連携、協創・オープンイノベーションへと進化しています。日立は企業間の協創型プロジェクトの推進をサポートするため、クラウド上でセキュアな情報共有ワークスペースを実現できるSaaS型企業間情報共有システム「活文 Managed Information Exchange Service」を提供しています。

対象ユーザー
プロジェクトで共有しているファイルや、やりとりしたメッセージを一元管理したいお客さま。
他企業や海外拠点との間で大容量ファイルの転送や秘匿性の高いファイルをセキュアにやりとりしたいお客さま。
特長
企業間・拠点間の柔軟なコラボレーションに必要な機能をSaaS※で提供。
クラウド上の情報共有ワークスペースに対し、「コミュニケーション」「コンテンツ管理」「セキュリティ」機能をSaaSで提供。
※ Software as a Service

オープンイノベーションの推進が必要な時代に

お客さまニーズの多様化や開発リードタイムの短縮化に伴い、多くの企業では持続的な成長のため、他企業や研究機関などとともに革新的な付加価値創造をめざす「オープンイノベーション」の取り組みを本格化させています。お客さまがパートナー企業とプロジェクトを組み、商品/サービスの協創、相互の技術を補完した開発などを図るには、セキュアで柔軟な情報共有/コミュニケーション基盤が必要となります。

これまで、こうした企業間プロジェクトで情報を共有する際は、メールの添付ファイルや共有サーバが一般的に利用されてきました。添付ファイルの容量制限や情報セキュリティ施策などは企業ごとに基準が異なるため、グローバルに広がる拠点間でのスムーズな情報共有が困難になるケースもありました。メールの“誤送信”と“情報漏えい”のリスク、プロジェクトで共有するファイルの散在とアクセス権制御の問題、さらには後から参画したメンバーが過去の経緯を把握することが困難なことなど、これら利用上の問題はオープンイノベーションの推進にはマイナス要因となりかねません。

そこで日立は、これらの課題をトータルに解決するサービスとして、SaaS型
企業間情報共有システム「活文 Managed Information Exchange Service」(以下、活文 MIES)の提供を開始しました。

企業間での情報共有の課題をトータルに解決

活文 MIESは、企業間の協創を支援する情報共有システムとして、これまで多くの導入実績がある日立ソリューションズのソフトウェア「活文 Managed Information Exchange」(以下、活文MIE)をSaaS型のクラウドサービスとして提供するものです。企業間・拠点間のコラボレーションに必要な「コミュニケーション」「コンテンツ管理」「コンテンツセキュリティ」「ユーザー・権限管理」などの機能を備えているため、メールや共有サーバといった従来のツールとは異なり、グローバルなプロジェクトメンバー間のディスカッション内容や共有ファイルをクラウド上でセキュアに一元管理できます。これにより、相手企業のシステムへアクセスすることなく、企業間・拠点間の協創型プロジェクトを迅速かつ容易に推進することが可能となります。

特長1
共有ファイルとディスカッションした内容を一元管理

コミュニケーション機能により、ファイルを共有しながらタイムラインによるディスカッションができます。メンバー間の活発な議論を支援するとともに、プロジェクトの検討過程をファイルと一緒に一元管理できるため、後から参画したメンバーも過去の経緯を容易に把握できます。また、コンテンツ管理機能ではファイル共有と版管理、編集中データの排他制御が行えるほか、ファイルやディスカッションした内容などの統合検索も可能なため、効率的かつスピーディーな企業間コラボレーションが実現できます。

特長2
社内外の特定メンバーによるセキュアな情報共有

ユーザー・権限管理機能により、社内外のユーザーを一元管理するとともに、共有ファイルや、タイムラインによるディスカッションに対するアクセス権限を管理できます。また、コンテンツセキュリティ機能により、ファイルの暗号化やアクセス認証のほか、閲覧期間を指定することによる失効管理、印刷の可否、透かし文字の表示など、セキュリティの設定が可能です。これらの機能で情報漏えいを強固に防止し、プロジェクト終了後のファイルの流出も防止できます。

特長3
大容量ファイルの転送・共有

活文 MIESは、多重化通信技術による大容量ファイルの高速転送が可能です。これにより、設計図面や高画質の写真データなど、メールには添付できない大容量データの高速アップロード/ダウンロードが可能となり、業務スピードを向上できます。

特長4
クラウドならではの柔軟性でITコストを最適化

SaaSとして提供される活文 MIESは、まずは部署単位、プロジェクト単位の情報共有基盤としてスモールスタートし、順次、全社規模の知識共有基盤として拡張できます。また、期間が限られたプロジェクトの情報共有基盤として、自社でシステムを用意することなく、プロジェクトの状況や規模に応じた適正なコストでの利用が可能です。

画像: 図1 「活文 Managed Information Exchange Service」の各種機能

図1 「活文 Managed Information Exchange Service」の各種機能

新たな付加価値を創出する基盤として

活文 MIEは、大学と国内外の複数企業による大規模な研究プロジェクトや、損害保険会社と全国の代理店を結び、新サービス創出に向けたお客さま接点情報の収集分析基盤などで稼働している実績があります。今後は協創型のオープンイノベーションをさらに加速させるため、営業担当者やコールセンターなどに寄せられる膨大なお客さまの声(Voice Of Customer)を分析し、商品やサービスの企画・開発、マーケティング活動などに生かす新機能の追加も予定しています。

成熟した市場の中で持続的な成長をめざすには、積極的なIT活用によるビジネスモデルの変革や新たな製品/サービス開発、付加価値の創出へとつなげる「攻めのIT投資」が不可欠です。日立は活文 MIESをはじめとするソリューションで、その推進を強力に支援していきます。

画像: 図2 多拠点・グローバル連携・協創での活用例

図2 多拠点・グローバル連携・協創での活用例


お問い合わせ先
(株)日立製作所 クラウドサービス事業部
http://www.hitachi.co.jp/cloud-inq/

情報提供サイト
http://www.hitachi.co.jp/cloud/service/katsubun-mies/

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.